自宅で古物商を開業するときの注意点

これだけは注意してください!


古物商の許可証を申請して許可が下りれば開業できます。
場所は自宅ならば自宅を管轄する警察署の生活安全課です。

まず、営業方法をはっきりさせましょう。
私はこれを曖昧にしてしまい、2回目の取得にかなりてこずりました。

自宅で開業するならばホームページはキチンと作った方が無難です。
見栄えの問題ではなくて、ドメインを取得するということです。

お店も無い、ホームページも無い。
これでは怪しすぎます。

警察は盗難品の売買を一番に警戒しています。

ですから無店舗でもキチンと「営業」していることが大事です。

闇雲にスタートさせる前に情報を集めて、無駄のない方法で運営していきましょう。

それが一番の近道です。

私の経験は、もう10年以上前のことです。
現在では、さらに法律も変わっている可能性もあります。
やはり、最新の教材で勉強するほうが早いですね。


オークションで安く起業しても、失敗すれば数十万の損なんてザラですよ。
ビジネスは甘くありません。
失敗を少しでも減らすことがビジネス成功の近道。
経験者のテクニックを数千円で買えるなら安い投資と思います。


僕が週末古物ビジネスで独立するきっかけになった方法